忍者ブログ

12345678
日記(6)
天元突破(46)
はじめに(1)
だが著者は日本人である。


なんぜニッポンで出版せんとですかー!
日本の出版社受けしないのかなぁ。

blog080322.jpg

鈴木康士氏のコミックスと画集です!

N64「罪と罰」で出会ってからファンである。
ドリキャス「斑鳩」は、・・・私にはゼッタイクリアできないゲームである。
ふるへー!キャラデザが鈴木さんだったから買っただけだよ!泣

氏がフリーになってからトレジャーのゲームチェックしてないな・・・。


***
某日、「好きな作家さんが本出してるけど洋書だから入手困難」という話をしていたところ、
「ア●ゾ●があるじゃない」という天の声をいただき、財布と相談して今回の購入と相成りました。

本当にア●ゾ●を忘れ去っていた私。久々に使ったら、

/(^o^)\梱包つぶれて届いたよ。
画集の方のビニールカバーが破れててゴミ入ってたよ\(^o^)/

ペ●カ●便なのか、ア●ゾ●なのか、原因は。
モノに壊れはなかったのでセーフとするが、もうつかわねぇ!ハラハラするんだもん。ぶわっ。
***


で、感想。
かっこいい!

両方えいごで書かれてるので解読不能(えいごダメ:訳がついてる画集ありがたや)なのですが、
もー線とか画面とかキャラクターとかかっこいい!に尽きる!

例えて言うなら、
山田章博と熊倉裕一と小畑健と伊藤悠と竹安佐和記と白戸三平と、
アメコミをちょっとまぜて極上の日本酒で割った感じ。

いや、これが鈴木康士だっ!


言葉の意味はおいといて、熱意だけは伝わってくれ・・・。


おおー、買ってよかった。漫画は2巻が今年の秋に出る予定とのことなので、
紀●国●あたりでおとりよせしてやる!にこにこぷんぷん!


しばらく目の肥やしにさせていただきます。眼福眼福。
PR
行ってきました初ワンフェス。

自分的特報。
6/15発売、リボルテックラゼンガン!
TS380019.jpg

あったらいいなと思ってましたが、まさか既に商品化されてたとは…。ひゃっほー!
リボルテック公式サイトに、「5月より連続で続々シリーズ登場」とあったのはこれだったのか。続々ってことはいずれはモーショーグンとかも?あっ私ゴズー欲しい。(夢は見過ぎないように)

開発進行中。リボルテック天元突破グレンラガン。ワークーテーカー。
TS380020.jpg

フルドリライズは撮り忘れました。

***
レポ、というか行動記。

朝8:30ごろ国際展示場駅に着くも、既にお台場まで列が出来ている。いや青梅駅近く…ヴィーナ●フ●ートが見えるあたりから折り返して更に半分ほど列のびてた。えっこんなに大人数なのこのイベントって思ってしまいました(失礼な)。要するに到着が遅すぎた。
そして強風。寒いのなんのって、ほっカイロ2個背中につけて手にも一個持っていったけど全然足りなかった。久しぶりに寒さで足が震えたよ。

10:30ごろようやく会場内へ。風が当たらないだけであんなに暖かいとは…。暖かすぎて涙が出そうになった。
直行でグレンラガンブースへ。
しかし、完売という文字の書かれた看板が、厳しく現実を叩きつける。ほんと遅すぎたよ来るのが!
開始30分強で売り切れたそうですね…。


完売がショックだったのか分かりませんがしばらく販売ブースを探してさまよった気がします。ステージの裏が展示スペースになっていて、これまでの出版物やDVD、原画や絵コンテなどが並んでいました。当然ながら撮影禁止。
近くにブータぬいぐるみとソフビグレンラガンのクレーンゲームもあり。取れたり取れなかったり悲喜こもごもを眺めてきました。

そしてふと思い出して、きれいなジャイ●ンを見に行く私。24.5cmはなにげにでかい。ボーっとみてたら男性が一体買っていきました。

ハッと我に返り、ガイナショップへ戻る。
ここでも原画集完売の文字。はやいよ!そうだとは思ってたけど!


トークショーまで時間が空いたので、一般ディーラースペースへ。ついでのようですが、友人に会いに行くのも目的の一つ。こういうところでしか会えない友達って…。お互い苦笑い。


一休みさせてもらったので再びグレンラガンブースへ。
ちょうどトークショー開始。
以下大雑把に内容を。記憶に残っている事だけですが。。。

・カキハラの、ホスト演技と檜山さんの物真似
トークショーのレギュラーネタと化している。掴みトーク?

・”宇宙マン”
キャストしか知らない裏話、というコーナーで、福井さんから提供されたネタ。アンチスパイラルの初期設定の名前。宇宙マン。戦えねぇぇぇえ。

・”謎の声優、神永レオ”
同じくキャストしか知らない…、いやみんな知ってる。

・キャストが選ぶ、自分が演じたキャラの好きなシーン。
カキハラ→11話、シモンの口上シーン。
井上→13話、ヨーコがシモンに、カミナのことを好きだった事を告白するシーン。
檜山→26話、甘い夢。(クローンでしか子孫を残せない獣人でありながら、人間のような生活を夢見るヴィラルに、やはり檜山さんも心打たれたそうです。)
福井→27話、結婚式。発表されるたびにそのシーンをスクリーンで流すのですが、ここで泣く人続出。冗談でなく。隣に立ってたテツカンも涙ぬぐってた。。。
小西→全部好き。埒が明かない回答なので、スタッフが選んだシーンが流れました。6話、モザイクを取ってもらうためにラガンを降りたカミナのシーンでした。さすがガイナックス。

・プロデューサ登場
「グレンラガンで10年はやっていきたい」とはっきりおっしゃった。今後一体何が飛び出してくるんだハァハァ。

・ヴィラルの雌伏の7年間について
今まだ中島氏の頭の中にあるため謎ですが、その辺をほにゃらほにゃらしていきたいとかなんとか…。そ、それってつまりスピンオフ?!今ははっきり言えないらしいです。

・などなど新情報等々は3月のアニメフェスタにて!と宣伝しつつ締めくくり。

2/27追記:3月のイベントは、国際アニメフェアでした。失礼しました!

最後はステージ上にてコスプレ撮影会開催。大盛況。申請したコスさんは総勢150名余りだったそうです。ヨーコが10人くらい居たような。タブーやロージェノム(長身!)も居ました。

兄貴は野生児からビジュアル系までバリエーション豊富。着ぐるみスペースキングキタン(グレンラガンの折れたドリルつき)にはカキハラもびっくり。

☆サングラス、かなり完璧な☆サングラス装着した艦長もいらっしゃいました。ど、どうやってつくったんだろう…!

といったところでまだまだ熱気の冷めやらぬ中、私は会場をあとにしました。
朝の行列で体力8割使っちゃったんだ…!



***
収穫物
Tシャツ(シモンとブータ柄)
お昼寝枕
名刺ケース(何で買ったんだろ…)

ブータとヤクザウサギの携帯ストラップ(版権許諾品)
しかしレジンキャストキットだった件。工具買うしか!
TS380024.jpg


立体にも目覚めた(かもしれない)一日でした。
blog080208.gif

うおっ。ジャケイラスト、、ていうか赤と黒を基調にしたトータルデザインかっこいい。
ディスクもかっこいい。デザイン同じなのに配色変えただけでこんなにかっこいくなるのか。なんだこれかっこよすぎ、とか口走りながらPCにセット。

・アバンBGM!このバージョンを聞きたかった。しょっぱなからシーンの脳内再生したりして燃える。
・1話の天井突破シーンのBGMに涙。ここから始まったんだという思いと、最終話まで見るとどうしてもこのシーンが見たくなってしまう、まさに螺旋の物語だという思いと。ぐるぐる考えてしまう。
・26話の泥棒兄弟のシーンのBGM(「Peeping Tom」)で噴いた。あんなあえぎ声入ってたのか・・・!
・アイキャッチかよ!愛、掴みますシリーズ。気付くの遅い。
・一番聞きたかった曲、「回って回って回って回っ!?」。この疾走する感じが大好きだ。
・ロシウ関係の曲は正座したくなりますね。足首の打撲が痛いけど。

書きたいことだけ書いていてすみません。ベストサウンドと大部かぶってますが、未収録だったものやアレンジバージョンはファン必聴だとおもいます。

ほんとにかっこいいです。

岩崎さん、ありがとうございます。

***
公式サイトで、なんと岩崎さん直々のBGM解説が始まりました!まだ語ってくれるのかグレンラガンを!嬉しくて通います。


***
絵は赤と黒に感動して描いたけど。
気に入らなくて描き直したのになかなか気に入ったように描けなくて、散々書き散らしたのちに最初のを使うことにしました。気合の足りないものをお見せしてすみません。
いやぁ・・・かっこいいなぁ。
http://ga.sbcr.jp/mreport/008903/04.html

キャラフィギュアもいいけど、メカに惹かれるわ。
是非欲しい。リボルテックで(おい)。


ワ/ン/フ/ェ/ス行っちゃおうかなー。
頼まれてないのに気合込めて書き下ろした今石カバー絵の原画集もちょっと欲しくなってきた。
7巻買うて来たよ!不備があって昨日買えなかったから結局発売日入手。

ジャケ裏。
キノン!!とギンブレーかい!
デコとスリット。
改めて衝撃。原画で見たいなぁ。欲望は留まらない。

***
おいおい26分×3×3なのにあっという間だよあいかわらずだよグレンラガン。
オーディオコメンタリの感想だよ。箇条書きだよ。


■キャスト編
・人間関係を今一歩深められないこにたん…なにがあったんだ。
・ロシウ10歳-17歳で確定ですか。ちょっと物申したいが、ここは例の納得力で…OK納得した。
・ブータの手錠はロシウかキノンがつくった?ロシウがつくっててもいいよね。息抜きに…。
・リーロンと会話するときだけ3枚目の顔になるロシウ。数少ない理解者。涙
・えっ。兄貴像ってあのサイズ一本彫り?原型じゃなくて?っておもったらまたかずきち先生の思いつき発言だった。もおおお。前に言った事忘れないでください。
・カッキーいてもいなくてもいじられキャラ。
・「こら!カキハラ!ホ/ス/トじゃねえんだよ!」ネタは座談会でも散々つつかれてました。
・小野坂氏ギンブレー嫌いすぎ。出るたび「ギンブレー嫌い」言っとる。ころしちゃえて・・・笑。あと本編は自分ちで見ておいてください。再放送かなんかで。
・ガンメン廃棄処理はシモンが担当。レイテさんがなんとかしてくれる流れは総司令の計算どおり。
・腕章は風紀委員とか週番とかデコを磨くためとか…中島さんの言う事は全部流す癖がついてきたぞ。そもそもこのオーディオコメンタリの中島氏発言はほぼ嘘だそうです…。天誅!

■スタッフ編
序盤からマニアックなお話になる予感。ついていけるかな。
・中島さんはほっとくとレイテさんの出番を増やしすぎる。一回3台詞まで!とか制限必要。
・ブータは空気読むのうまい。いいシーンでは顔を出さない。とは言い訳でブータ忘れられるらしい。シナリオ最終ブータチェックが欠かせなかった。

…作画がどうとか描いた人がこうとか、そこまでわからないなぁぁぁぁ。聞く分には面白いけど。アニメ好きの少年たちの会話を聞いているようで。



本編は胃痛が蘇るかと思いきや、最終話までの流れが走馬灯のように頭をめぐって、感極まってしまった。
ロ・シ・ウ!ロ・シ・ウ!
涙出た。
  top  
忍者ブログ [PR]