忍者ブログ

1234567
日記(6)
天元突破(46)
はじめに(1)
来たよ!

リボルテックラゼンガン

産地直送!2体!!

blog080615.jpg



ん!??!

blog0800615-2.jpg

続く!
PR

アンチスパイラル艦隊・ハスタグライ級が攻めてきた!


ばーん、ばーん
blog080515-1.jpg



うおおお!人間の力、見せて、やるぜ!
ギガァ・・・
blog080515-2.jpg

ドリr・・・あ・・あれ?
blog080515-3.jpg





・・・
ギガドリルブレイクーーーーー!(早口で)
blog080515-4.jpg



***
てなわけで、来たよ!グレンラガン!
早速関節をカタカタいわせてみたんですが、はっと気が付いたら1時間くらい平気でたってる恐ろしい代物です。
ラゼンガンのほうが楽しみだとか言いっていて、実際届いたときは「ああ、来たんだ」くらいに思ってたんですが、いざ手にしてみれば、あれまぁ適度な重量感と大きさ、意外ときちんとした塗装にあっという間に虜になりました。箱から出してすぐに遊べる手軽さがフィギュア初心者にはとってもいいですね。
最大の売りであるジョイントも、予想以上の心地よさ~。もっと曲げる角度や差し込む方向を考えられるようになったら楽しくポーズを決められそうです。それまでカタカタ言わすぜ~~。

ああん、ますますラゼンガンが楽しみです。飾るスペースを作っておかねば・・・!

予約受付が開始されましたっっっ!

「それを、待っていたああああ!!」カチカチカチッ(クリック音)

***
今年1月に「ラゼンガンのリボルテック出ないかなぁ」とぼやいていました。
そうしたら2月のワンフェスで発表されました。

そして今、螺旋王の愛機(愛機っていう言い方がいいよね)、ラゼンガンの発売が身がよじれんばかりに楽しみです。
正直主役メカグレンラガンよりも楽しみでしょうがない。

更にしょうがない奴ながら、予約は2体で申し込んできました。あっしまった。特典パーツが余ってしまう(特典はグレンラガン用のパーツ=グレンラガンは1体しか購入しない)。
・・・まあいいか!

リボルテック公式サイトで写真を見ましたが、なんというかっこよさなのでしょう。
ポーズを決めればもう、どの角度から見てもいろんな意味で垂涎モノです。
いやもうどんなポーズでもかっこいいのです。立ってるだけでもかっこいいです。
とにかくかっこいい。うるさいほど言いますがかっこEEE!


あと4/24発売の、グレートインパクトモデルグレンラガンが、光沢仕上げとか超気合入ってて思わず「うほっ」ってなった。オプションもウィングやらグレンハウスやらいっぱいつてて面白そう。更にグレンハウスに設置できるギミダリロシのフィギュアとか付いてたら確実に買ったのになぁ!(本当はほしいけれどお買い上げ決定ラインを吊り上げて自分をなだめすかす作戦)

リボルテックシリーズ、次は天元突破のようなので、後はエンキやキングキタンやアインザーと続いていくことを、更に貪欲に願わくばダイグレンが加わりますように!


うおおおおお天元突破あああ!!

blog080330.jpg

買いも買ったり、グレンラガン。あいかわらず無様な写真で申し訳ない。
こんなに関連書籍買い揃えたのはじめてかも。他にも薄くて高い本とかいっぱい・・・。ほわぁん。

***
DVD全巻購入記念に、今ある関連書籍も添えて一枚パチリと撮ってみた^^^

そうです9巻、最終巻!

リアルタイム視聴時のあのもどかしさ(1週間おき!)ほどではないものの、それでもあの怒涛の展開に「早く次、早く次を!」とOP、EDをすっとばしたくなりました。でも飛ばさずに見る。末期だから。

本編、泣きながら見ました。と書きたいところですが、あいにく抱腹絶倒だった。
コメンタリーが和みすぎテンションおかしすぎです。キャスト編、スタッフ編ともになんてフリーダムトーク。話題が二重になってて聞き取れないよっ。すしお氏のはじけたトークが盛り上がるね。アホトーク最高!

しかし・・・そのコメンタリー無しでは本編が見られないっていう。
いつまで引きずっているんだ?いつまでもだー!

グレラガの持つメッセージは普遍的なものが多いので、きっと色々な場面で思い出していくんだろうなぁと思いました。
まさにオタク道。


予告されていた特製ピンナップは、ポストカード2枚!にしごり画の3人組と、年末にガイナ公式トップだった今石画の3大兄貴+女たち。紙で見られるとは・・・感動だね。
アヌメイトの特典ポスターほしかったなぁ・・・。パネルに入れて飾りたかった・・・!


あっと、ヴィジュアルブック応募しなきゃ!いそいそ
発売日に!でもまだざっとしか目を通してないよ。
定期券範囲内(非常に狭い)では見つからなかったので遠出(比較的)しました。


・カバーまぶしっ。買ったときは男らしくカバーをつけなかったのに、家でつけました。手油防止に必要だね。

・そして分厚!手に取ると実感します。膨らむ期待と嬉しさ。

・冒頭の今石監督書き下ろしピンナップ、ダイグレンに心奪われた。何であんなにかわいい足つきしてんだ(*´ω`)

・レザーサラシは胸元の絶対領域を演出していたのか。誰向けにですか、もう!

・座談会、ボーナスドリルは読みました。あのときの熱が蘇りますね。

・第3部でリボルテックグレンラガンがいきなり登場して、中島さんが「ばーん、ばーん」とか言ってますが、あれは第3部の直前に、世界のマナベさんが販促をしていった名残です。
例のシモンカミナヨーコの3体セットフィギュアとリボルテックとDVD8巻のジャケと原画集を宣伝し、人形を残していきました。中島さんがばんばん言ってるのは、ヨーコの人形で撃ってるからです。ギチさんホントにそのまま拾ってるよ(笑)。わかんないよ(笑)。

・カキハラ、こにたん、サイガーが名乗りを上げて登場した場面。
あれ最初、マイクトラブルでロシウの台詞だけ聞こえなかったんです。急にカミナの声が聞こえて会場騒然となったんだけど、変な間があいたりして「?」ってなりました。
なので、席についてからもう一回目の前でリテイクしてもらいました^▽^。生アフレコ!最高でした。

・カキハラのホスト演技。
何度聞いても何か投げたくなりますね!愛を込めて。

・見開き写真1枚目。アンスパの大群。Hなぶささまの螺旋力と人脈の賜物です。

・見開き写真の二枚目。ライブ終了後、会場に流れるグレラガソングにあわせて踊りまくる群衆。すごいノリでした!



まだまだ読むところがいっぱいです。たまらん。
  top  
忍者ブログ [PR]